田辺さんと竹俣さん

残念ながら終わってしまいましたが、
石川が誇る奇才、田辺京子さんの個展が
10/20から26に新宿伊勢丹で行われたようです。

田辺京子 個展DM

遠いのでむりなのですがしかし見のがして悔しいです。

また、竹俣勇壱さんは、クラフトフェア「灯しびとの集い」開催中の
10/30 (土)と31(日)の二日間、同じく堺市の主水書房での6人展
「Via Craft」に参加されます。12時から19時。カフェも営業。

via craft

参加作家は、坂野友紀(金属)、新宮州三(木工)、桑田卓郎(陶器)、
岡田直人(陶器)、木下宝(ガラス)、竹俣勇壱(金属)の6名。

主水書房 竹俣勇壱

関西の方、関西へ行かれる方はぜひ。

二俣紙すきの里まつり

乙女の金沢展にも和紙のポチ袋とはがきを出してくださった
石川まゆみさんのいる二俣の紙すきの里まつりへ。

和紙のできるまでの説明の紙がかわいい。

二俣和紙の説明

絵がたまらない。よくみると英訳もあります。

和紙のできるまで

石川まゆみさんは和紙づくりを公開されていました。

石川まゆみさん

正面の窓からのぞいて目の前で見ることもできます。

和紙制作中の石川さん

窓から覗くおじさんがた。

窓からのぞくおじさん

楮(こうぞ)の皮。

コウゾ

楮から和紙をつくります。

楮 煮る

楮紙いろいろ。

楮紙

水を落として模様をつけたり、金箔を散らしたり、
コウゾの繊維を残したり、さまざまな種類の紙になります。

楮紙いろいろ

イラストレーターのA氏、二俣に伝わる藁の衣装を装着。
ちょうど立ち寄った県知事に激励激賞されていました。

赤池佳江子さん

うしろ姿も。じつにおにあいです。

赤池さん 藁を着る

地元の方に教えてもらいながら藁でしめ縄を作れる場所もあり、
とてもやってみたかったのですが、混んでいたのであきらめました。

思ったほど和紙が売っていなくて残念でしたが、
二俣のおいしいものはたくさんありました。
小松和紙工房前にはcollabonの珈琲も出店していましたよ。

乙女展あと1日

乙女パフェを食べる女子の図。

乙女パフェ ペコちゃん

舌がぺろりで不二家のペコちゃんみたいです。


金沢21世紀美術館での乙女の金沢展に足を運んでくださった
たくさんのみなさま、ほんとうにありがとうございました。

これをきっかけに、金沢の街のあちこちにひそむ小さなお店や
作家さんたちをまずは知っていただいて、さらにはこれからも
ちょくちょく或いはときどきでも目を配ってもらえたらうれしいかぎりです。
まあ乙女とか正直ほんとはどうでもいいんで、
好きなお店ひとつや作家さんひとり、作品ひとつでもみつけてくださったら…
そこから広がる金沢の景色は、きっともっといい眺めだとおもわれます。
そしてなによりぐっとたのしい金沢ライフを! 貪ってください!

乙女パフェ

今日はドイツ帰りのかほく市の乙女と、
FULL OF BEANSで乙女パフェを食べました。
MROの取材時以来ですので、1ヶ月ぶりです。

ふるおぶ 乙女パフェ

おいしい〜!!! グラスが違うのもたのしい。
夏は終わってしまいましたが、やっぱりこのパフェは秋にぴったり。
アイスの量が少なくて、ケーキのほうが多いので、冷たすぎないのです。
レアチーズケーキの甘みにブルーベリーソースがさっぱりとよく合う。

乙女パフェ 姫だるまクッキー

タイカレーにゅうめんを食べた後でしたが、
一瞬でぺろっといけました。

そして美術館に戻ると、スズキサトさんの新しい品が!

赤ちゃんはしおき

マットな白の赤ちゃんはしおき!
子持ち乙女はなつかしいんじゃないでしょうか、
数ヶ月目の赤子の大股開きで足を持つポーズ。
そのうしろにはゾウやウサギのはしおきも。
ほんとにいきいきたのしい一角です。

猫カップ スズキサト

猫のカップもありました。
手前のひょうたんおろし器はすりごこち抜群!

僭越ながら私めもディレクターを務めさせていただいている
「生活工芸」展、美術館地下のギャラリーBではじまりました!

「生活工芸」展

地下と1階を行ったり来たりです。同じ建物でよかった…。
みなさんもぜひ行ったり来たりしてください。
まとめて来るとなんとなくお得な感じがするはずです。

子持ちの乙女

昨日は、乙女の金沢展と生活工芸展の宣伝のため
ラジオ金沢で流れる「まるびぃ on the RADIO」に出演してきました。

まるびぃ on the RADIO

秋元館長がホストで、南早苗さん、森下さちさん、平見夕紀さんの
三人の乙女アナウンサーが出演。ゲストは他に町家巡遊2010から
水野雅男さんと奥村久美子さん、チャリdeアートから吉田茂雄さん。
なんと金沢21世紀美術館のシアター21で公開生放送。
人前で話すのは大の苦手ですが、背に腹はかえられません。

みなが「乙女乙女」言うので館長に「子どもいるんだよな」と突っ込まれ、
そうしたら乙女アナウンサーよりひと言「オフレコじゃないですよね…?」。
森下さん、子持ちがオフレコって…。ふふふ。おもしろかったです。
いずれにせよもともと乙女じゃない私ですみません。

また、昨日から、乙女の金沢展会場であるミュージアムショップの
おとなりのデザインギャラリーでは、新しい展示が始まりました。
"Only honest design can be recyclable."
「本当のデザインだけがリサイクルできる」

D&DEPARTMENT PROJECT

一昨日はD&DEPARTMENTのナガオカケンメイさんもいらして
準備されていました。12/11には館長とのトークもあるようです。

正面から見るとこんな感じ。

本当のデザインだけがリサイクルできる

ガラス張りのデザインギャラリーが、ギャラリーというより
大きな容れものとなって、その中に廃棄された物がたんまり。

乙女展側から見るとこんな感じ。透明なゴミため。

Only honest design can be recyclable.

この沢山のモノを、ゴミと見るか、お宝と見るか。
欲しいものはあるか、ひとつも欲しくないか。
このままでも欲しいか、どうにかしたら欲しくなるか。

1月30日までの会期を第1期から第3期に分け、
同じものを展示方法を変えながら見せていくようで、
それがとりもなおさずD&DEPARTMENT PROJECTの活動でもある。
せっかちで恐縮ながら今すぐ最後の状態が見たい隣のエセ乙女です。

悩み多き乙女

この連休に東京からお客さまがいらしたので、
らくやさんで待ち合わせして、乙女定食を食べに行きました。
ごはんは白米か玄米を選べるのですが、今日はなんと栗ごはん!

らくや 乙女定食

私は今日は乙女定食ではなく、白えびのかき揚げ定食にしてみました。

らくや 白えびかき揚げ定食

かき揚げがびっくりするほどこんもり。らくやさんは本当に太っ腹。
乙女の教訓。らくやさんに行くときはおなかをグーグー鳴らして行くべし。
よく見ると、お味噌汁の具のお麩もなにやら乙女チックです。

らくや 栗ごはん

かき揚げ定食も栗ごはん。
食べていると、近くの席に座った人が乙女定食を注文しました。
スタッフの方は厨房に向かって声を張る。「乙女2です!」。
何度きいてもちょっとだけ笑ってしまう。

そして、食後のコーヒーは、乙女の金沢展にもある
岩本清商店のちょこっとトレーに載ってきました。

らくや 食後のコーヒー

カップふたつ載せ、ちょこっとトレーの新しい使い方!?
器は九谷焼豆盆栽と小箱がとくに人気の工房あめつちさん。

その後、ミュージアムショップに行くと、
あめつちさんの小箱も増えていました!

工房あめつち 九谷焼小箱

鹿、だるま、うさぎ、本(読書の秋?)、しいたけ! おすもうさん!

工房あめつち 小箱 乙女の金沢

箱の上にも横にも、さらには底にもふたの裏にも、絵付けされています。
これでこの値段だというのもおどろきです。

小手まり針山が大人気の加賀てまり毬屋さんからは、
あたらしく小手まりかんざしも届きました。

毬屋 小手まりかんざし

小さな女の子の着物姿や振り袖の乙女にもよく似合いそうですね。

連休とあってたくさんの人です。並べたり整頓したりしていると、
田聡美さんが追加のもんの皿&豆もん皿を持ってきてくださいました。

田聡美 ガラス 豆もん皿

実物は写真よりもっときれいな色です。
松竹梅、蓮の葉、鈴、枡、独楽、盃、小槌、梅ほか色々。
しかしいつ見てもおいしそうな色だなあ。
どの形にするか悩み、どの色にするかも迷う。悩ましい…。

悩み多き乙女の金沢展へ、ぜひたのしくもんもんとしにきてください。


ラリーのCDなど

新しい品がときどきちょこちょこ入ります。

ひそかにRallyeのCDも一種類増えました。
人気の酒井駒子さんの絵のジャケットのがもう一枚追加。

乙女展 ラリーのCD

ラリーレーベルは金沢発の音楽レーベル。
画家やイラストレータの絵を使ったCDもたくさんあり、
どれもこれもジャケ買いしたくなるものばかり。
プラスチックじゃなくて紙カバーなのもうれしい。
こんな志高い音楽レーベルが金沢にもあるなんて、
はっきりいって街の自慢のひとつだと思う。

乙女の金沢 ラリーCD

FOILの『meta めた』もすばらしい荒井良二さん絵のも人気。
ラリーは香林坊の用水沿いにショップもあります。
ここではCDはもちろん、ミナなどの洋服、雑貨や文房具、アクセサリーなど
乙女心をくすぐる品揃えです。これぞ乙女(または森ガール?)。
『乙女の金沢』の視点はいわゆる狭義の「乙女」ではない(と思う)のですが、
ラリーはザ・乙女じゃないかな。真の乙女にも乙女好きにもおすすめできます。
そんなわけで『乙女の金沢』は乙女じゃない人にもおすすめ。
男子にも、意外とオヤジにも…?!

その他の追加の品。
中町いずみさんの染付けの器。

中町いずみ 染付けの器

湯のみの絵はよく見ると、鉞担いだ金太郎!
九谷の色絵のかわいい孔雀の器も二枚だけ届きました。
ブンチョウはしおきも再入荷しております。

工房あめつちの陶のハンコ。

乙女展 工房あめつちの陶ハンコ

ハンコの柄が下の和紙に捺されています。
上の部分の形と同じく松竹梅。

KiKUのアクセサリも微妙に増えています。

乙女展 KiKUのピアス

シルバーのみだった葉っぱや蝶のピアス、
同じデザインで金も入っています。

新しい品は明日も届く予定ですので、またお見せしますね。

★金沢経済新聞でもご紹介いただきました!

乙女ピン留め!

昨日おかっぱ乙女はしおきを納品にきてくださった
スズキサトさんから、衝撃の試作品が…!

乙女ピン留め

キャー!

だるまピン留め

だるまです! かわいすぎる…。

残念ながら今回の乙女の金沢展には間に合わないようですが、
試作をかさねていつかどこかで出してくださるかもしれません。
たのしみに待ちたいと思います。

10月1日付けの朝日新聞でもチラリとご紹介いただきました。

朝日新聞 乙女の金沢展

明日もいくつか追加の品が届く予定です。
連休なのであっというまに減りゆくさだめかと思われますが…。
工房あめつちさんからは松竹梅の豆盆栽風の陶ハンコが届いています。
そのうち写真でもお見せしますね。

陶展と『ダ・ヴィンチ』

乙女の金沢展には藍染め+みそてぬぐいを出品してくださっている
東山の高木糀商店さんから個展とイベントのおしらせが届きました。

清水善行陶展 高木糀商店

清水善行陶展
2010年10月14日から10月17日まで

六味一滴 点心席

お茶席は14日、15日、16日の10時から、
点心席は17日に11時半、13時半、18時の3回。
清水さんの器で、六味一滴さんの御料理がいただけるそうです。
ご興味ございましたら高木さんか一滴さんにお問合せください。

それにしてもこのチラシのすみっこの
一滴の北崎さんの顔!
一滴 北崎さん

なんと北崎さんの奥さんが描かれたそうです。
いや〜そっくりですね〜。

今日は『ダ・ヴィンチ』も届きました。
中島みゆき特集!

ダ・ヴィンチ 中島みゆき

「生活工芸」展といっしょにご紹介いただきました。

生活工芸 乙女の金沢

会場はいずれも金沢21世紀美術館ですので、
ぜひあわせてお楽しみいただければと思います。

プチ 乙女の金沢展

11月は銀座三越で「プチ 乙女の金沢展」です!

プチ乙女の金沢展

2010年11月3日(水祝)〜11月9日(火)
銀座三越 8階 リミックススタイルにて
10時から20時まで

銀座三越8階リミックススタイル

参加してくださる作家さんやお店については、
後日おしらせいたします。
ちまたで話題のニュー銀座三越へ
ぜひあそびにいらしてください!


カレンダー

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

乙女ニュース内検索

乙女の金沢 on twitter

others

携帯

qrcode

PR